亜熱帯では雨季でもインフルエンザが流行する

亜熱帯では雨季でもインフルエンザが流行する

タイとかインドネシアでは、乾季と雨季と、両方にインフルエンザのピークがあるそうだ。

一般的に日本で流行るインフルエンザウイルスは、湿度が苦手だけれど、亜熱帯型だとそうでもないんだろうか?
インフルエンザは10年にいっぺんぐらいの頻度で大きく変異するから、変異したタイミングで大流行になりやすい。
今、新型が初めて登場したみたいに騒いでるけど、実は昔から10年にいっぺんぐらいのタイミングで新型に変異してたらしい。

畜獣の飼い方や、人の流れが変わると、インフルエンザは変異しやすいんでしょう多分。

インフルエンザ予防にマスクが有効なのは、マスクの中が多湿になるから、湿度を嫌うインフルエンザウイルスを気持ちカットできるから。
ウイルスはすごく小さいので、不織布のマスクであっても容易く通過するので、フィルタとしてはほとんど役に立たない。

亜熱帯型のインフルエンザだと、湿度にも強いとなると、マスクしてても関係ないってことになる。

そうなると、マスクも手洗いうがいも、気休め程度でしかないんでしょうなぁ。

となると予防方法は、ウイルスがいそうなところに近づかないことと、規則正しく無理のない生活をして、免疫が落ちないようにするしかないんでしょう。予防ワクチンが効くのかどうかはかなり怪しいみたいだし。